第3回学生スタッフ研修

みなさん、おはようございます!
学生スタッフのだいくんです。


本日5月22日の第3回研修は、本番前の試歩でした。

塩釜神社で安全を祈願してから、恒例の・・・

イメージ 1

かまえて~~~‼
チクサクコール‼

5月生まれのスタッフが中心となってチクサクコール。
気合を入れて、試歩 スタートです。


試歩とは、文字通り、しにくこと。
実際に学生スタッフが全員、本番通る道を歩いて、

「ここの信号は車通りが多くて危ないね!」
「足元に注意しなければ転んじゃうかも。」

と 私たちや子どもたちが事故にあったり、ケガをしないように
一区間 一区間チェックしてきました。

イメージ 2

みなさん、元気いっぱいの様子です。


今日は主に塩釜市、多賀城市をメインに歩きました。
当日もお昼休憩をする加瀬沼公園では、
とても良いお天気だったため、たくさんの方たちが
いらっしゃいました(^_^)

イメージ 3

私たちも各班ごとにお昼ご飯を食べ、
出発前には午前中の反省と午後から意識して行動すること
を話し合い発表し、団長に講評をいただきました。

やはり、目標を持って行動することで
気持ちも高まりますし、より一層 声の掛け合いも
見られたのではないかと思います。



イメージ 4

こちらは最後の休憩ポイントを通過して、
城南小学校へ向かう途中です。

どの班も、歩調コール。響いていました。
最後の区間だったのですが、前からも後ろからも
大きな声が聞こえました。
みなさん、「あと少し頑張ろう。」という気持ちに
なれたのではないでしょうか。


今日のゴールは、東北歴史博物館でした。
(本番のゴールは城南小学校です!)
参加スタッフ全員で約20キロ歩き抜きました。
ゴールしたとき、周りからは安堵の声と笑みがこぼれていました(^_^)!

イメージ 5

しかし!学生スタッフは歩いて終わりではありません。


1日を振り返って。
どんな気づきがあったか。

スタッフ一人ひとりが気になるところをまとめ、
班で共有、学生スタッフ全員で共有・・・ と
見落としのないように確認することができたと思います。

最後まで気を抜かずに活動できたのではないでしょうか。



さて、なんだか偉そうに話している私ですが、
実は、初めての試歩参加でした!

20キロ歩くのも初めてかもしれません(足パンパンです)。

そして、
今回の研修で気づいたこと、それは

声の重要性 です。

どんなに疲れていても、周りの人がつらそうにしていても、
一緒に大きな声を出せば、もっと頑張ろうという気になる。

そんなことが体感できたような気がします。
声を出すというだけで、知らず知らずのうちに
お互いに助け合っているんですね。


次回の研修は合宿です。
加えて2日目は今日と同様、試歩の予定です。
今回収穫したことを次回に活かしていければいいなと思います。


最後まで閲覧していただき、ありがとうございました!

以上、学生スタッフだいくんからでした~!

この記事へのコメント